恋人探しパーティー

大手で安心して利用できる優良出会いコミュニティ

恋人探しパーティー

PCMAXの特徴

PCMAXは10年以上の運営実績と800万人以上の会員を持つ出会い系サイトです。
年間広告費を10億円も掛けているなど新規会員獲得に非常に力を入れているので、アクティブユーザーが多く、それだけ出会えやすくなっています。
また100の質問やマジメールなど、出会える確率を高めるための機能も充実しています。

会員登録 無料(メール送信は1通50円※男性はお試しポイントあり、女性は完全無料)
評価 評価5
会員数 800万人以上
PCMAXの総評

PCMAXは最近の出会い系業界の中で最も勢いがありますし、出会い系の初心者や20代の若い女性ユーザーが多く、イベントも目白押しなので活気もあります。
PCMAXにはいろいろな目的を持ってたくさんの女性達が集まって来ていますが、検索機能がしっかりしているので、真面目系やそれ以外など簡単にユーザーを切り分けて好みの女性を探すことが可能です。
また"100の質問"に答える項目を活用すれば、その内容を通じて事前に相手のことを理解できるので、安心してコンタクトを取ることが出来ます
アクティブ度や利便性に優れているPCMAXは当サイトが最もオススメする出会い系サイトです。

恋人探しパーティー

YYCの特徴

YYCは運営実績が15年以上、会員数は1,000万人を超えていて、毎日4,000名が新たに登録しているという出会い系サイトです。
ミクシィグループが運営しているので、他の出会い系サイトより安心感があります。

会員登録 無料(メール送信は1通50円※男性はお試しポイントあり、女性は完全無料)
評価 評価4.5
会員数 1,000万人
YYCの総評

YYCのユーザー層は20代後半から30代が多く、大人の男女が数多く利用している傾向があります。
全体的に落ち着いた雰囲気があり、真面目な出会いを求めている方には特にオススメのサービスです。

恋人探しパーティー

Jメールの特徴

Jメールは会員数500万人を誇る優良出会い系サイトです。
運営会社は30年以上男女の出会いをプロデュースしてきたので実績面でも安心です。
検索機能も充実しているので理想の相手を探しやすくなっています

会員登録 無料(メール送信は1通70円※男性はお試しポイントあり、女性は完全無料)
評価 評価4
会員数 500万人以上
Jメールの総評

Jメールは女性の比率が6〜7割(通常の出会い系サイトでは2〜4割)と圧倒的に多くなっています。
そのため男性にとっては競争率が低くなり、女性からのメールの返信率が高くなっているという点でオススメです。

恋人探しパーティー

ハッピーメールの特徴

ハッピーメールは累計登録数が800万人を超える日本最大級のコミュニティサイトです。
自社アンケートでは出会えた確率が74.5%となっているなど、非常に実績のある出会い系サイトとなっています。

会員登録 無料(メール送信は1通50円※男性はお試しポイントあり、女性は完全無料)
評価 評価2.5
会員数 800万人以上

恋人探しパーティー

ワクワクメールの特徴

ワクワクメールは15年以上の運営実績を持ち、累計会員数は530万人を超えている出会い系サイトです。
毎日の新規登録会員数は1,600人以上、サイトへの書き込みは2万件以上、1日の閲覧数は約1,000万PV以上あるので出会える確率は、その分、高くなっています。

会員登録 無料(メール送信は1通50円※男性はお試しポイントあり、女性は完全無料)
評価 評価0.5
会員数 530万人以上

恋人探しパーティー

それほど有名ではないのですが、恋愛には花開く確固たる方程式が認知されています。男の人の前だと照れてしまうという女の人でも、信頼出来る恋愛テクニックを教えてもらえば、出会いを増加し、ひとりでに順調にお付き合い出来るようになります。

いつもの風景の中で会った人がこれっぽっちも好きな系統ではなかったり、一切しっくりこない年代、或いは恋愛対象となる性別ではなくても、初めての出会いをキープすることが不可欠です。

いつでも男性が回りにいた学生時代からの環境の推移に心理面での慣れが不確かで、頑張らなくても「明日にでも出会いがやってくるはず」などと甘く見ているから、「出会いがない」「私は結局、オシャレな男の人とは無縁なんだ」などと嘆き節が入ってしまうのです。

おわかりだとは思いますが、女の知人からの恋愛相談を手際よくやり過ごすことは、貴方の「恋愛」を考えるにあたっても、実に有用です。

みなさんが恋愛に要する代表的な内容は、セクシャルな欲求と愛されたい思いだと確信してます。淫らになりたいし、優しさも感じたいのです。こうしたことが比類なき2つの目的になっています。


心理学の観点に立って見ると、人々は初顔合わせから大方3度目までにお相手との連関がクリアになるという論理が含有されています。3回という少ないトークで、彼女が友だちに過ぎないのか恋愛に進むのかが明確になるのです。

「出会いがない」などとため息をついている人のほとんどは、蓋を開けてみれば出会いがないというわけでは絶対になく、出会い自体を避けようとしているとも認知できるのは間違いないでしょう。

恋愛話を楽しみたいのに「出会いがない」と嘆息がまじり、なおかつ「この社会には私の理想の男性は存在しないんだ」と諦めが入る。想像するだけで退屈な女子会に参加したこと、ありませんか?

男の遊び仲間から悩みや恋愛相談を始められたら、それは最も好意を抱いているというのは大げさかもしれないけど親近感を抱いているシグナルです。好感度を高めて近づくアクシデントを見つけましょう。

外に目を向けて、たくさんのイベントごとに出向いているものの、長いこと出会いがない、といった世の男女は、偏った考えが激しすぎて見逃しているのはなきにしもあらずです。


「あばたもえくぼ」などというややこしい比喩も用いられますが、ベタベタの恋愛のさなかには、両者とも、かすかにボーッとした有様だと、多くの人が気付いています。

独特の心理学として女の人に親しまれている「ビジョン心理学」。“恋愛無能者改革”を夢見るすべての日本人女子に寄り添う技術的・科学的な心理学と言えます。

旦那さん探しに取り組んでいるキャリアウーマンを例に挙げると、大人数の合コンから有料のお見合いパーティーまで「出会いのフィールド」にポジティブに臨んでいます。

小中校だけでなく、大学まで男の子が通えない学校だったキャリアウーマンは、「恋愛経験がなさすぎて、社会人になる前は、同級生の男子を即座に彼氏のように感じていた…」といった昔話も入手できました。

「気易い仲でもないボクに恋愛相談を持ちかけてくる」という経験だけから早とちりするのではなく、事態を十分に検分することが、彼女との結びつきをキープしていく場合に欠かせません。